Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS

Club-NAのブログです。
萎み行く自動車文化を持ち上げるべく、
これからの活動を随時UPしてゆきます。
クルマ、酒、グルメ、アート、HOBY、MUSICを楽しみつくせ!

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< BAT Lambo! | TOP | demagogie >>

2011.04.25 Monday

ENGINES 昭和のくるま大集合2011


今時のクルマがイケテナイ部分がエンジンの外観
無意味なプラカヴァーで覆われ、メンテナンスを許さない

MF10 3M YAMAHAがまとめあげた内外の美しいエンジン

E-type jaguar XK16 これも美しい直6

Mazda 252i lemans レプリカ
元々がRX-7をモディファイして13Bを積んだセミレーサー
レプリカでも本物に近いと言えるはず
コンパクトでどこにあるのかというおむすび 
しかしこのサイズでパワーは絶大
エンジン的には787Bの可変ファンネル付き4ローターR26Bがかっこいいけど...
大きくなると逆にパワー不足に泣くロータリーであった

エスプリターボ LOTUS-TYPE910
S1から少し拡大されたエンジン でも外観はアメリカ基準で車高が上がり
それを隠すエアダムの無骨さで美しさを削ぐ残念さ??
ご指摘のコメント頂きましたので訂正:7mmの差ということです 

NISSANカラーで美しくペイントされた L型
スペックは不明 2.8か3Lかそれ以上か?
この個体はレフトハンドルだったような

B6+4連インジェクション・スロットル
アルファをイメージしたアルミカヴァー
オーナー様の愛情でピカピカにバフ磨き済

我がEUNOSはこんな感じ フルヌードはお金くれないと見せない!
という噂が

駐車場にいたA63 FTO 4G32型
凄いメッキでピカピカ タコ足も太い

こちらはS1のエスプリ 普段は樹脂カヴァー?で見えません

Z432レーシング S20エンジン
プリンスの定番レーシングスペックエンジン
子供の頃、どれほどののカムカヴァーに惚れたことか


Bugatti Type35
エンジン型式は知らないし!
くすんでいたけど 本来は美しいキサゲ模様が光るはずなんだなぁ
芸術品と呼ばれる所以






コメント

ちょっと気になりましたのでお邪魔します…
S1:1111mm
turbo:1118mm
わざわざエアダムで隠すような車高差でしょうか?
2011/05/03 10:56 AM by ストレンジャ
ご指摘ありがとうございます。
3mm差ということで微妙なところです”5mm”ならはっきり判る経験値。
以前S1オーナーとの立ち話で本件の話になり、車高が上がったことを伺い、美しさはオリジナルデザインだ!と意気投合した次第。
2011/05/04 8:09 AM by PuttanescaNA
あ”っ7mm差でしたか!
これは...
2011/05/04 8:12 AM by PuttanescaNA

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://weblog7641.club-na.jp/trackback/915

トラックバック

▲top