Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS

Club-NAのブログです。
萎み行く自動車文化を持ち上げるべく、
これからの活動を随時UPしてゆきます。
クルマ、酒、グルメ、アート、HOBY、MUSICを楽しみつくせ!

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Criminal Minds  We Call Quantico for Help | TOP | 2010 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX Result >>

2010.07.12 Monday

Freedom Computer 夏対策

 超夏場の停車時のエアコン使用で不安定になるアイドリング
気温がある程度以上もしくは、空気密度(湿度高いと顕著で蒸し暑いと発生しやすい)にも影響されているよう。
今日も船橋や市川の渋滞ではかなりギリギリのアイドリングで、ストールしないもののガクブル状態。
エキマニのバンテージもそもそも無意味、吸気の変化をみる限り吸気温度でもなさそう。
となると学習機能? アイドリング時の制御とマッピングを少し勉強しないとダメか。
何らかのロジックで吸気圧なり温度の変化が過大に影響してる感じ。
暑さが増しても逆に安定する場面もあるため、進角、アイドル補正などいくつかの要素が悪くシンクロしてるのか。

簡単で有効なのはアイドル回転のアップ
夏用にネジ回して回転上げてあげれば済む話だけど、下手なヤンキー車みたいでつまらない(最近4DOORのチューニングカーが物凄い高回転のアイドリングで逃げてる場面によく合う 1500回転以上は回ってそう)

いよいよログ取りながらパラメータの変化で摺り合わせしてみるかなぁ。
進角モニターなんか欲しいかも。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://weblog7641.club-na.jp/trackback/421

トラックバック

▲top