Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS

Club-NAのブログです。
萎み行く自動車文化を持ち上げるべく、
これからの活動を随時UPしてゆきます。
クルマ、酒、グルメ、アート、HOBY、MUSICを楽しみつくせ!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 物流の最適化 試作品届く | TOP | 夏はエアコンだよな >>

2012.07.27 Friday

Psychopath Sociopath 対処不能の悪には、恐ろしい見せしめが必要

__.JPG
サイコパスが産み落としたソシオパス(だった=過去形)による殺人事件。
しかし、執拗で長期的な攻撃は、サイコパスそのもの、サイコパスが擁護し凶悪化と最悪の結末を招いた、それを強力に支援しながら、サイコパスを世間に放った教員という名の悪の組織、その言動も当に"イコール"サイコパス、自己都合の勝手な解釈で漫然と逃げ道をウロつく。
当にサイコパスの子はサイコパスであるという秩序、サイコパスが教壇からサイコパスを放ち平和と秩序を破壊する。
そして、彼らの人格社会性の矯正、および一般社会への復帰は全く不可能である。
今回のサイコパスは新たなソシオパス候補を孕んでいるという恐ろしい現実もある。

社会からの隔離と痛みによる治療が必要である、単純に悪が頭を上げることを許さない目的で。

学校のアンケートや対応には期待出来ないと、回答を拒否した子供たちが冷静さを示すのが唯一の救いだが、早くあの地域を洗浄しなければ可笑しな宗教や輩がツケイル機会を伺っていて危険でもある。
自民党と小泉純一郎という金の亡者が国を蝕み、後を継いだ無脳症集団が全ての悪を拡散した。
死刑は見せしめでしかないが、恐ろしい見せしめ無くして人間は悟らない。
サイコパスには全く効かないが、取り巻きの人間には伝わり悪を潰すだろう。
悪いことした人間の結末をはっきりと子供に社会に見せなければこの歪んだ世界は治らない。

この如何わしい忌むべきビラの内容は、教員達の言い訳の展開そのものである、彼らが関与していない事を願うばかりだが…。

__.JPG

19:43 | Philosophia | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top