Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS

Club-NAのブログです。
萎み行く自動車文化を持ち上げるべく、
これからの活動を随時UPしてゆきます。
クルマ、酒、グルメ、アート、HOBY、MUSICを楽しみつくせ!

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< EV講習会参加中 | TOP | COUNTACH のフレーム カウンタック展 >>

2012.06.24 Sunday

EV講習会終了

メーカーによる質疑応答は、なかなか為になった。
皆さんやはり、バッテリィが気になるようすで、質問はバッテリィに集中。

レンジエクステンダーの話題になり、これから増えるはずとも、これってボルトだよね。あれは併用も出来る仕組みだけど。

メンテナンスは、充電レンジとバランスとのことで一般常識であるが、くるまでも同じ。
80%~20%で充電と放電を繰り返すことは携帯やパソコンと同じ、トリクル充電が一番。
乾電池同様に直列接続の充電池は個々の電圧バランスを取ることが必須、ここらへんも小学生の知識レベル。
特に鉛電池使う場合には要注意。

LEAFオーナーのインタヴュー:
やはり、30km/dayしか使わないと決めていること、止まったらタクシーなり使う、遠くは行かないと割り切って使うとのこと、冬場は電気消費が激しく危ない場面が多い、仙台まで行くのに充電する為、高速を降りて日産で充電して走った結果、320kmが370kmに延びてしまったこと等。
あと静かで疲れないとのことだが、私は音がしないクルマなんて要らないし乗りたく無いさ。

EV購入時のネックとなる電池のコストダウンは不可能であるが、能力を下げた仕様で売り出したところ、60%の比率で現在は低出力=航続距離も短くなる 仕様のEVが売れているとのこと。
LEAFオーナーと同じ考えでチョイノリでいいという判断。
まぁ今のところ充電がタダでクルマに乗れるのでタダ乗りできる時代の間はEVのランニングコストは良いのでしょう、もうすぐ有料化されますが…
試乗で久しぶりにリーフに試乗して重量バランス=鼻が軽いというメリットを実感、BRZに教えてあげたいと感じた。

何でもEVオーナーのトラブルトップは、鉛バッテリィ上がりとか。
ナマポに慣れた運転者は基本を忘れてしまうという反面教師ぶり。

まだまだ普及の道のりは長いEVでした。

17:46 | Tool | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top